勃起不全解消に野菜と魚

勃起不全解消に良いとされる食材って何だと思いますか?精力をつけるために「お肉」と考える方も多いかと思いますが、実はお肉より血液によいとされる野菜や魚の方が効果的なんですよ。

勃起不全解消に野菜と魚

勃起不全解消にお肉より魚や野菜が良い

夫婦にとって性交渉はとても重要なものです。
性交渉をすることにより、お互いを理解することができ、さらに精神的にも肉体的にも満たされます。
もちろん家庭を築くという意味においてもなくてはならないものです。
しかし、こうした多くのメリットはあることを理由に、得ることができなくなってしまいます。それが勃起不全です。
勃起不全は、仕事や家庭でのストレスや過去のトラウマなど精神的な部分において引き起こされることがあります。
こうした症状は、ストレスの原因さえ分かれば、カウンセリングや薬で治療することができます。
しかし、糖尿病や高血圧などの生活習慣病などを原因とする勃起不全はカウンセリングなどでは治りません。
そこで重要なのは生活習慣の改善です。
適度な運動や禁煙などはもちろんのことですが、食生活の改善、特に肉や魚よりも野菜を多く摂取するということは重要になります。
糖尿病や高血圧などの生活習慣病は、肉や魚料理のような味付けが濃く、塩分を多く含むものを避けなければなりません。
塩分の過剰摂取は高血圧を、脂質の過剰摂取は高脂血症を招き、いずれも動脈硬化のリスクを高めます。
動脈硬化は勃起不全の原因となるものであり、これを防ぐためには野菜を多く摂取する必要があります。
野菜を摂取する際は、ただやみくもに食べるのではなく、なるべくなら複数品目の温野菜を食べ効率的に野菜からの栄養を摂取するように心がけます。
こうすることで、余分な塩分を取らず、また余分な塩分が野菜の摂取により体外に排出されるので、動脈硬化のリスクを下げることができます。
このように、塩分と脂質が多くなってしまいがちな肉や魚料理よりも野菜を多く摂ることで、勃起不全の改善に効果が見られます。

なぜ魚が勃起不全解消によい?

勃起不全解消に魚がよい理由は、血液を綺麗にしてくれるからです。
高血圧、高血糖、脂質異常症などの症状に魚がよいことは有名です。
魚に含まれる油は、肉の脂を溶かして排出しやすい状態にします。
血管内の脂質も綺麗にしてくれるので、健康維持のためには肉類の摂取を減らして、魚を多めに食べることが大切です。
厚生労働省のWEBサイトでも、健康維持のために青魚を食べるように推奨しています。
勃起不全とはペニスの病気ではなく、正確には血液の病気なのです。
動脈硬化が促進すると、陰茎海綿帯に血液がスムーズに届かなくなります。
勢いが弱くなった血液は、十分にペニスを硬くすることができません。
ペニスを硬くするためには、サラサラと勢いよく流れる血液が必須なのです。
どんなに性的に興奮した状態でも、ペニスを指で強く押さえると勃起が減退していきますが、これは血流が遮断されるためです。
肥満になると勃起不全のリスクが高まると言われていますが、これは高血圧、高血糖、脂質異常症などの発症率が高まるからです。
体内に沢山の脂肪を蓄えているのに、血液だけは綺麗でサラサラといった状態は珍しいです。
実際、生活習慣病は併発しやすいものであり、肥満の方は高血圧、高血糖、脂質異常症などがよく見られます。
青魚は生活習慣病を予防するために非常に役立つ食材です。
肉類の摂取を減らして、その分のカロリーを魚で摂取するといいでしょう。
魚に含まれる脂肪は固まりにくく、液体ゆえに体外に排出されやすいのです。
また、固形化した動物性の脂肪を溶かす作用もあるため、肉類をよく食べる方ほど魚の摂取が重要となります。
勃起不全に悩んでいる方は、野菜と魚を沢山食べることを意識しましょう。

野菜摂取で勃起不全が解消される

勃起不全の原因の一つは血行不良であり、血液がドロドロになることで陰茎の元気を奪ってしまうのです。
血液がサラサラの状態は身体を温めるために最適ですが、ドロドロになると冷え性を招くようになります。
手足などの心臓から遠い部位から先に血行が悪くなりますが、ペニスも例外ではありません。
血液が十分に循環しなくなると、性欲を感じてもペニスの反応が悪くなります。
そんなときは、野菜を食べることで勃起不全を解消できる場合があります。
野菜は健康維持のために必須の食材であり、特に肉食中心の方は多めに食べる必要があるでしょう。
肉類の食べすぎは血液をドロドロにして、勃起不全を促すのです。
野菜を沢山食べる方は、カロリーの摂取量が少なくなる傾向があります。
食事の最初に野菜を摂れば、食べすぎの防止にもなります。
食物繊維が膨満感を促すことで、普段よりも少量の食事で満足させてくれます。
カロリーを摂りすぎると、必然的に脂肪も摂りすぎています。
脂肪は血液をドロドロにするので、摂取量は制限しなくてはいけません。
顔や頭皮の皮脂量が多いと感じる方は、脂肪を摂りすぎている可能性が高いです。
勃起不全を解消するには、1日350g以上の野菜を食べたいものです。
生野菜として摂るのは難しいので、スープや鍋物にするといいでしょう。
野菜はカサが大きいので、沢山食べたつもりになっていても、実際の摂取量は少ないことが多いのです。
野菜嫌いの方は野菜ジュースや青汁を飲んで代用することもできますが、勃起不全解消のためには野菜として摂取したいものです。
野菜ジュースの場合ですと、膨満感を促進する作用はあまり期待できません。
肥満を防ぐためには、食前にキャベツや大根などを食べるのがおすすめです。

■勃起不全についてのおすすめサイト
カマグラをお得な価格で手に入れよう
通販でシアリスを購入
タダリス